法律相談のご予約は
045-949-5552
(受付時間 平日9:15~17:00)※要事前予約

 ご予約相談フォーム


 借地・借家、不動産

■ご自分の所有物件を賃貸する方へ

ご自分の所有物件を賃貸に出す場合、仲介業者の定型の契約書で安心していませんか。
更新時の更新料の支払いや、明渡の際の原状回復義務の範囲などについては、契約書にどのように記載しているかが非常に重要です。
貸すのは簡単ですが、賃貸借契約をトラブルなく解消し、明け渡してもらうには、最初の契約が肝心です。
特に初めて賃貸借契約を締結する方は、弁護士に相談されることをお勧めいたします。


■家賃を滞納されてしまったら

未払い賃料を最小限に食い止めるには、素早く対応することが大切です。
3ヶ月間、家賃を滞納する人はその後も支払わないことがほとんどです。
素早く督促し、必要があれば裁判を提起することが肝要です。
当事務所では、未払い賃料請求や明渡請求事件につき、迅速に対応しておりますので、安心してお任せ下さい。


■有効活用したい

賃借している物件を相続などで取得し、その不動産を有効に活用したいとお考えのこともあるかと思います。
建物の老朽化や土地・建物利用の必要性など、諸般の事情を考慮して、賃貸借契約の解約が認められる場合もあります。
高度な交渉になりますし、場合によっては裁判手続をとる必要もありますので、弁護士にご相談されることをお勧めいたします。



HOME事務所・弁護士紹介
取り扱い内容弁護士費用
法律相談・予約アクセス・地図

PCサイト >>